サプリメントの効果や各種サプリメントの特徴を紹介するサイトです。正しいサプリメント利用で健康度アップを目指しましょう。

サプリメントは美容・健康・ダイエット・アンチエイジングなど目的種類は様々です。

このサイトでは様々な角度からサプリメントに関する事を記述しています。サプリメントの購入を考えている人や、今使っているサプリメントにいまいち満足していない人は参考にしてみて下さい。

サプリメント手軽で便利なものですが、使い方や間違った知識で使用すると、効果があるどころか健康を損ねることにもつながりかねません。

サプリメントを利用する上での一番基本の考え方は、サプリメントはあくまで補助的なモノであるということです。食事代わりに様々なサプリメント摂取しても本当の健康な生活とはならない可能性が高いのです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神経痛で悩んでいる人はすでに知っている人も多いかもしれませんが、コンドロイチンが効果的であるということは健康な人は知らないかもしれません。
強烈で電気的な痛みが特徴である神経痛は、寒さや気圧の変化などほんのわずかなことで痛みが強くなることがあるようです。三叉神経痛は神経痛の中でも典型的なもので、冷たい風が顔に触れるだけでも激痛がはしるといわれています。

コンドロイチンが不足するとどうなるの?
グリア細胞という細胞は、神経細胞に酵素や栄養素を補充する働きがあります。このグリア細胞の働きはコンドロイチンなどを含むムコ多糖を分泌するというものです。動物の細胞や繊維、組織、器官の間をしっかりと結びつけて保護し、栄養を補給する働きがある粘性の物質が、ムコ多糖体というものです。

コンドロイチンは皮膚などの結合組織、脳などあらゆる組織に広くみられます。コンドロイチンが不足すると、膝や腰に痛みが生じたり、関節がこわばったり、皮膚が老化したりと、体に様々な症状があらわれるのです。これが神経痛の大きな要因になるのです。コンドロイチンは体内で作られますが、年齢と共に不足してくるのです。

神経痛や関節の痛み
何かの加減で、このムコ多糖類の生成に異常が発生した場合や老化によるムコ多糖類の生成が衰えた場合など神経そのものの機能が大きな変化をおこしてしまうのです。とくに関節の軟骨の構成成分は約20~40%がコンドロイチンといわれています。そのため、コンドロイチンは全身の関節が柔軟で円滑に可動するために、重要なはたらきをしています。神経繊維の外側を包む膜や、グリア細胞に作用するコンドロイチンはその刺激を和らげるという働きをしてくれるものです。

コンドロイチンの効能
コンドロイチンは痛みの原因となる物質に直接作用し一時的にその痛みを除去してくれる働きもあります。ですからコンドロイチンはギックリ腰や肩こりにも効果があり、神経痛の激しい痛みだけではなくいろいろな用途があるのです。つらい三叉神経痛を抑えるために、てんかんの薬を使うこともありますが副作用の眠気が起きる可能性があります。とにかく痛くてしかたがない神経痛に悩まされている人は、コンドロイチンについて詳しく知ることからはじめてみましょう。
スポンサーサイト
一般的に、葉酸は妊娠したら摂取するというイメージが幅広く定着しています。妊娠に関する本やインターネット上の妊娠、妊婦情報サイトで妊婦さんの為のを探して見てみると、葉酸サプリメントの重要性についての記述がとても多いようです。

しかし、葉酸の効能のひとつである、赤ちゃんの神経管閉鎖障害に関するもの限って言うので有れば、妊娠した後に葉酸を摂っても遅いといわれています。赤ちゃんの脊椎は、妊娠に気付いた時にはすでに形成されてしまっているからなのです。

他国では赤ちゃんが欲しいと希望する人には、妊娠前から葉酸摂取の指導が行われているものなのです。日本ではまだまだ葉酸の重要性は妊娠前からの指導では行き届いていないのが現状のようです。

医療費が高いアメリカの現状
葉酸は貧血の予防にもなります。妊婦さんで多い健康維持の障害の多くが葉酸サプリメントの積極的な摂取で解消できる可能性があるのです。B群やその他ビタミン、ミネラルは、葉酸とともに人が生きて行く上で必要不可欠な栄養素だといえます。医療費が高いアメリカでは、サプリメントに関する研究や認識が一般的に浸透しています。多くの人が何年も前からいろいろなサプリメントを組み合わせて日常生活の健康補助に取り入れているようです。

アメリカでのサプリメントの認識
アメリカではサプリメントの認識は日本と比べると格段に違います。アメリカではサプリメントは予防医療の一環として考えられています。その為積極的に健康維持のために利用されているようです。アメリカでは国全体が非常にサプリメント摂取に関して積極的ですが、日本はまだまだ消極的な部分があります。

悪質なサプリメント業者
日本では、依然として悪質なサプリメント業者も多いといわれています。一般消費者には本物とニセモノの区別がつきにくいのが現状です。しかも日本では、残念ながら薬の様に安全性ははっきりしておらず、サプリメントの表示にも多くの制限があります。日本では消費者の判断によってサプリメンントの安全な摂取をする以外に方法はないといえるのです。良い食品や良いサプリメントを私達自身が自分の目で選択し、健康に対する高い意識を持つ努力をすることが必要なのだといえるでしょう。
今よく健康雑誌などで目にする名前に、グルコサミンというのがあります。グルコサミンは軟骨を作るもののひとつで、糖とアミノ酸が結合したアミノ糖の一種の名前です。このグルコサミンはもともと人間の体の中にあるものですが、年齢とともに減少していってしまいます。

グルコサミンが不足すると関節の痛みや階段の昇り降りがつらくなったりします。これはさらに症状が進むと日常生活に支障があるほどの痛みになったり、膝に水がたまったりします。

年齢と共に身体は老化していきます
関節痛は、50代の年齢を過ぎるとかなりの割合の人が何らかの症状を感じるといわれています。60歳をすぎるとほとんどの人が、ひざ、ひじ、腰、脊髄などの関節部分に痛みを伴う関節痛を持つようになります。

症状の軽い重いの差はありますが、これらの症状をほうっておくと日常生活にも支障をきたしかねません。中でも、少し歩くだけでも膝が痛い、階段の昇り降りがつらいなど膝の痛みを抱える変形性膝関節症は、日常生活の行動範囲を狭めるばかりか運動能力の更なる低下などの悪循環をまねきかねません。

若い頃の無理と肥満は関節を痛めるもと
関節の痛みに悩まされている人の多くは、若い頃から重いものを持つ仕事に従事していたり極端な肥満状態の人が割合的に多いそうです。男性の場合は重労働、女性の場合は肥満に注意することは若いうちから習慣づけしておくことが大切です。

グルコサミンの摂取には
薬局などで「グルコサミン配合」と書かれたものが売られているのを目にすることがよくあります。毎日、補うことが望ましい栄養素のひとつがグルコサミンです。しかも、年齢を重ねるごとに不足しがちになる栄養素です。

先程述べたように、体内のグルコサミンは加齢とともに減少していきます。年齢を重ねるごとに少なくなった分を補う必要があるのです。グルコサミンには、関節の動きをなめらかにし、痛みを和らげる効果があり、関節疾患の治療薬としても使用されています。ただし食品には微量しか含まれていないため、やはりサプリメントなどでグルコサミンを補う必要があります。

グルコサミンを効果的に摂るなら
単独で摂るよりコンドロイチンも一緒に摂ったほうが効果はさらに高くなるといわれています。それは関節の中で、潤滑油のような働きをするのです。サプリメントや健康食品を選ぶときには一日1500mg以上摂取できてなおかつ一緒にコンドロイチンが配合されたものにするとよいでしょう。
近年女性の社会進出とともに自立した女性が増える一方で、ストレス社会の中で生きる女性の方々が増えています。そんな働く女性達は男性同様の仕事をこなす人も多いと言われています。自立した女性であることは反面ストレスのみならず生活環境も不規則な状態で生活しなければならないことも多いのです。

美白サプリメントはそんな生活環境の中でも美しく透明感のある美白を保ちたいという女性の要望から生まれた商品ともいえます。お肌のホワイトニングに役立つ栄養素というと、ビタミン類です。ソバカスやシミの原因はメラニン色素ですが、美肌サプリはこのメラニン色素を妨げる効果を持ちます。

忙しい女性と美白サプリメント
肌が美しくなる効果が出ることを望んで美白サプリメントは使われます。白くみずみずしい肌も身体の健康も、サプリメントの栄養補充だけでは達成できません。冒頭で述べたとおり生活環境を少しでも改善する気持ちとバランスの良い食事が何より大切です。

美白サプリメントを服用しているからと肌対策はばっちりかというと、そうではないのです。基本はサプリメント主体ではなくバランスの良い食事の摂取を通して肌が欲している成分を体内に摂り入れる事が望ましいのです。

身体の健康があって美肌がある
美白サプリメントを摂り入れているから大丈夫と、食生活の乱れを正さないでいることは、美白どころか体にもどのような影響を及ぼすか分りません。お肌の状態は最高で、身体の調子はいまいちという人はきわめて少ないのです。美白サプリメントを含め、サプリメントはあくまでもサプリメントで、栄養補助食品であることを忘れないようにしましょう。

基本的なスキンケアも、当然美白には欠かせません。肌を白くできるという期待できるサプリメントを用いていたとしても、紫外線に対して無防備ではシミ・クスミは消えません。意識して補充した美白に役立つ栄養成分を有効的に美肌につなげる意識は重要です。

お肌のトラブルは内面の改善から
お肌に吹き出物などが繰り返し出来る状態だと、色素が沈着し美白から遠ざかります。特に、便秘がちの人は肌荒れに悩む傾向が強いように身体の内面から自分自身にあった改善策を考えることは美肌への近道です。肌トラブルを未然に防げるように、食べ物管理や普段のスキンケアを意識して栄養バランスの整った食生活と肌のケア、それでも足りないものを美白サプリメントで補うことが、美白へ近づける方法なのかもしれませんね。
花粉症はここ数年で症状が出る人が急増しているアレルギー症状の一種です。花粉症に関する薬は、薬局やドラッグストアでも専用のコーナーができるほど種類が豊富です。それだけ、花粉症の症状に悩まされる人が多いことの現われかもしれません。

ですが、薬は飲み続けると副作用が心配です。できれば体質や生活環境を改善して花粉症の症状を軽減できればそれに越したことはありません。そういった理由で花粉症サプリメントに最近人気が集まっています。

花粉症サプリメントとは
花粉症に有効とされるサプリメントにはどんなものがあるのでしょうか。サプリメントというと、カプセルタイプのものを想像しがちですが、ハーブティーやヨーグルト、ドリンク剤などもサプリメントのひとつなのです。花粉症の症状を和らげるサプリメントはたくさんあります。

色々な花粉症のサプリメントを摂取してみて、花粉症の症状が軽減してきたならば、その花粉症サプリメントは自分にとって効果的だということです。サプリメントは薬と違って副作用の心配はありません。花粉症のサプリメントをいくつか組み合わせて摂取してみるのもよいでしょう。

甜茶(てんちゃ)の抗アレルギー効果
薬と違って花粉症サプリメントは副作用の心配がないので、自分に合った花粉サプリメントを利用するといいでしょう。花粉症のサプリメントとしてよく知られているのが甜茶(てんちゃ)です。ヒスタミンの過剰分泌が抑えられ、鼻の炎症や咳を治めてくれるのです。

甜茶は中国南部で飲まれているお茶の一種です。甜茶の抽出成分には、ダンニンやポリフェノールというヒスタミンの分泌を抑える効果のある成分が多く含まれているのです。しかし、花粉症を抑える力のあるのは、バラ科の甜茶のみです。GODポリフェノールというバラ科の甜茶特有の成分が、効果的なのです。

花粉症にはしそも効果的
しその葉が持つ黄色色素のルテオリンが鼻水や鼻づまりを軽減してくれるのです。ハーブのミントやローズマリーなどもしそ科の植物で、同じような効果を発揮します。ルテオリンとはフラボノイドの一種で黄色色素の成分です。フラボノイドはポリフェノールの一種で、抗酸化力があります。

最近の研究では、ルテオリンが強力な抗アレルギー、抗炎症作用抗アレルギー作用があることがわかりさらなる研究が進められているといわれています。人体には、アトピー性皮膚炎の塗り薬にルテオリンを入れた場合の症状改善や、花粉症の症状の軽減効果なども研究されており、今後の展開が期待できそうです。

他にも花粉症によるアレルギー症状が緩和することができる食品はあります。例えば、ヨーグルトにある乳酸菌やビフィズス菌は、その善玉菌が働いて腸内環境を整え、体内の免疫機能を高めるので、花粉を効率よく排出し花粉症の症状の軽減が期待できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。