コンドロイチンと神経痛

ここでは、「コンドロイチンと神経痛」 に関する記事を紹介しています。

サプリメントは美容・健康・ダイエット・アンチエイジングなど目的種類は様々です。

このサイトでは様々な角度からサプリメントに関する事を記述しています。サプリメントの購入を考えている人や、今使っているサプリメントにいまいち満足していない人は参考にしてみて下さい。

サプリメント手軽で便利なものですが、使い方や間違った知識で使用すると、効果があるどころか健康を損ねることにもつながりかねません。

サプリメントを利用する上での一番基本の考え方は、サプリメントはあくまで補助的なモノであるということです。食事代わりに様々なサプリメント摂取しても本当の健康な生活とはならない可能性が高いのです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神経痛で悩んでいる人はすでに知っている人も多いかもしれませんが、コンドロイチンが効果的であるということは健康な人は知らないかもしれません。
強烈で電気的な痛みが特徴である神経痛は、寒さや気圧の変化などほんのわずかなことで痛みが強くなることがあるようです。三叉神経痛は神経痛の中でも典型的なもので、冷たい風が顔に触れるだけでも激痛がはしるといわれています。

コンドロイチンが不足するとどうなるの?
グリア細胞という細胞は、神経細胞に酵素や栄養素を補充する働きがあります。このグリア細胞の働きはコンドロイチンなどを含むムコ多糖を分泌するというものです。動物の細胞や繊維、組織、器官の間をしっかりと結びつけて保護し、栄養を補給する働きがある粘性の物質が、ムコ多糖体というものです。

コンドロイチンは皮膚などの結合組織、脳などあらゆる組織に広くみられます。コンドロイチンが不足すると、膝や腰に痛みが生じたり、関節がこわばったり、皮膚が老化したりと、体に様々な症状があらわれるのです。これが神経痛の大きな要因になるのです。コンドロイチンは体内で作られますが、年齢と共に不足してくるのです。

神経痛や関節の痛み
何かの加減で、このムコ多糖類の生成に異常が発生した場合や老化によるムコ多糖類の生成が衰えた場合など神経そのものの機能が大きな変化をおこしてしまうのです。とくに関節の軟骨の構成成分は約20~40%がコンドロイチンといわれています。そのため、コンドロイチンは全身の関節が柔軟で円滑に可動するために、重要なはたらきをしています。神経繊維の外側を包む膜や、グリア細胞に作用するコンドロイチンはその刺激を和らげるという働きをしてくれるものです。

コンドロイチンの効能
コンドロイチンは痛みの原因となる物質に直接作用し一時的にその痛みを除去してくれる働きもあります。ですからコンドロイチンはギックリ腰や肩こりにも効果があり、神経痛の激しい痛みだけではなくいろいろな用途があるのです。つらい三叉神経痛を抑えるために、てんかんの薬を使うこともありますが副作用の眠気が起きる可能性があります。とにかく痛くてしかたがない神経痛に悩まされている人は、コンドロイチンについて詳しく知ることからはじめてみましょう。
スポンサーサイト
コンドロイチンは皮膚などの結合組織、脳などあらゆる組織に広くみられ痛みの原因となる物質に直接作用し一時的にその痛みを除去してくれる働きもあります。また一方で、コンドロイチンは、美容に役立つサプリメントとしてよく知られています。美容にも重要な役割を果たしてくれるコンドロイチンは、保水力が高いのが特徴です。

赤ちゃんのお肌はつるつる
年齢とともに衰えてくる皮膚にはもともとたくさんのコンドロイチンが備わっておりたくさんの水分を保持しています。赤ちゃんのお肌はつるつるで張りがあるのはそのためです。ある程度の年齢になると、コンドロイチンの生成機能が衰え体内のコンドロイチンが少なくなってきます。これは肌に潤い感がなくなっていく大きな原因のひとつです。水気を蓄えておく力が失われてまったお肌はカサカサしたり張りがなくなってしまうのです。

コラーゲンとコンドロイチン
年齢とともにお肌の体質が変化し肌の水分が失われて肌が乾燥してきたりする人も多いといわれています。特に寒い季節の乾燥した時期にその状況は深刻化したりします。

これは表皮と呼ばれる皮膚の一番外側のところでのお話です。表皮は体を保護し水分の蒸散を防いでくれます。表皮の下に血管、神経、筋肉などがまじった真皮、皮膚と筋肉とを繋ぐ皮下組織と続いています。皮膚そのものは真皮の部分で、70%のコラーゲンと1%弱のコンドロイチンが含まれています。スキンケアのグッズにはほとんどの人が知っている成分であるコラーゲンはもはや知らない人はいないのではないでしょうか。

健康な肌とコンドロイチン
皮膚の水分量を保持し、皮膚機能を維持することのできるコンドロイチンは、皮膚組織の中での比率は多くありません。しかし、体内で生成されるコンドロイチンが少なくなると色々な弊害が身体に現れてくるのです。健康な肌はコンドロイチンが豊富にあり、水分をたっぷりと補給してコラーゲンの機能をサポートしているのです。歳をとると、皮膚表面にできたメラニン色素が定着しやすくなり、シミの原因になります。これは表皮の代謝機能が低下してしまったことが大きく影響しています。

神経痛などの緩和と予防の目的でコンドロイチンを含むサプリメントを摂取する人も多いといわれていますが、美容目的のサプリメントにコンドロイチンが含まれるものがたくさんあることも事実なのです。コンドロイチンを含む皮膚は表層の活性化を促すので、シミ対策にも有効なのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。